×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

パスモ スイカ 電子マネーカードの時代

パスモスイカは、相互の利用サービスを提供しています。「Suica(スイカ)」は、ジェイアール東日本のICカードの乗車券です。パスモはスイカが利用できるバスや駅で、同じように、スイカはパスモが利用できるバスや駅で使うことができます。パスモの登場により、首都圏のたいていの鉄道と一部のバスが、カード1枚で乗れるようになりました。
パスモやスイカは、電子マネーの機能も持ち、あらかじめお金を入金しておくと、自動販売機や提携店舗での支払いのとき、端末にピピッと当てるだけで、お買い物ができます。すばやいし、余分な小銭を持たずにすむのがうれしいですよね。
スイカとパスモは、電子マネーの機能も相互のご利用できます。パスモかスイカの印を掲示するショップなら、どちらのカードでも利用ができます。
最近では電子キーの役割を果たすことも可能になってきているし、会社などで、また個人的にセキュリティーシステムに利用することも考えられているようです。
セキュリティーのなかには、子供向けのプログラムもあり、様々な分野で利用価値が広がっているようです。
近い将来、財布を持たずに、このスイカやパスモなどのような電子マネーカードで生活するシンプルなライフスタイルが現実になる日がくるでしょう。

スポンサードリンク

パスモ スイカの違いは?

新しい電子マネーのパスモが導入され、今まであったスイカとの相互利用もできるようになって、首都圏の交通機関の利用がとても便利になりました。
パスモスイカの違いって、どのくらいあるんでしょうか。
携帯に対応しているとか、オートチャージ機能に違いがあるとか、提携している会社とか、様々な違いはあるようですが、基本的には、パスモやスイカIC機能つきの電子マネーです。
パスモとスイカの共通の利点は、カード一枚で済んでしまう便利さのあります。
手早く改札をタッチアンドゴーで通り抜けられること、オートチャージ機能で残高不足を避けられることなどがあります。そして、特典があったり、割引があったりする他、電子キーに対応のマンションで使用できることもあるそうです。
デメリットとして、区間によっては割高になることもあるらしいですが、メリットの大きさを考えるとたいしたことではないように思います。
パスモとスイカ、どちらのカードも便利だと思いますが、これから新しいカードを買おうとするときはやっぱりパスモのほうがいいのかな。
ちなみに、関西ではスイカしか使えないそうです。ご注意を!

パスモ スイカ 使い分けどっちがお得?

よく、パスモスイカ使い分けどっちがいい?という雑誌の記事を見かけます。どっちらが損で、どちらが得かとか詳しく調べている方もいますね。色々と調べてみた結果、発行している会社は違いますが、一般的に使用するということでは、ほとんど違いはありませんでした。
パスモとスイカは、デザインなどが違うだけで、基本的には同じような仕組みです。乗車やチャージ機能、電子マネー決済などで相互のご利用でき、定期券を新規購入する時を除けば、2枚持つ必要はないように思います。
なんと、パスモでJRに乗れるのに、スイカを持っている人の割合は、6割もいるんですって。パスモとスイカを両方とも持っていても、機能は同じなので無駄っていうことになるのかな。
基本的には使い分けも、両方使うことができる場合が多いので、する必要がないんですよね。
スイカにしても、パスモにしても、相互利用ができるってとても便利ですよね。一枚でJRも私鉄もバスも乗れちゃうなんて、ほんと、便利ですばらしいことです。
そのうちお財布なんて持ち歩かなくなって、パスモ、スイカだけで事が足りちゃう世の中になるかもね。持ち歩くのは、ICカード一枚と携帯だなんて、すごいことになりそうですね!

Copyright © 2007 パスモ スイカ